引っ越しの無駄を省こう!効率的に片付けるコツ

荷造りは、いる物といらない物の区別が大事

引っ越しは時間も要しますし、体力的にも大変です。何から手を付けて良いのか悩み所でもあります。なので、何日までにここまで片付けるなど、予定をしっかり立てて取り掛かりましょう。

荷造りを効率的に行う為には、使用頻度の低い順から片付けていきましょう。シーズンオフの洋服や本などは先に箱に積めていきます。いらない物を、出来るだけ新居に持ち込まない事も大切です。基本的に何年も使わない物は必要の無い物です。

そして、二度手間を防ぐ為に、段ボールの蓋は引っ越し当日までテープで閉じないでおきましょう。詰めた物が必要になるかもしれません。使用した後は必ず元の段ボールにしまいましょう。封を閉じるガムテープは、丈夫な布製の物がお勧めです。

絶対に忘れてはいけない事が、段ボールに入っている物を、見える場所に大きく書いておく事です。子供部屋、玩具の様に書いておくと、分かり易いです。使用場所ごとに段ボールを一まとめにする事で、荷ほどきもスムーズにいきます。

荷ほどきは、順序を守ろう

引っ越しの手順は、大型家具の設置からしましょう。 そうする事で、生活スペースの確保が出来ます。次に段ボールは、使用場所ごとの部屋に運んでいきます。同じ部屋に積んで置くと、何が入っているのか分かりづらかったり、時間のロスになります。荷ほどきを際は、むやみに開封してはいけません。まずは、今日1日生活する上で必要最低限の、日用品を取り出しましょう。そして、一気に開封すると、折角分けてあるのに、無意味になります。一箱開けたら片していきましょう。

不用品の回収においては、無許可業者が存在するので注意が必要です。中には無料回収を謳いつつ、後で料金を請求してくる業者もいます。