環境に優しい太陽光発電の仕組みとメリット

太陽光発電が環境に優しい理由

住宅用の太陽光発電システムは屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光エネルギーで電気をつくります。太陽電池は「電池」となっていますが、電力を蓄えるわけではありません。太陽の光エネルギーを電力に変換する「発電」する装置の役割をします。

太陽光で発電された電力は家庭内の家電製品に電気を供給し、発電された電力が消費される電力を上回った時は電力会社へ売電することができます。停電の時でも太陽光があれば電気を使うことが出来るため災害時でも安心です。また、発電された電気は自宅で使用できるので光熱費の軽減にも繋がり、余った電気は売電できるため経済的にもメリットがあります。ソーラーパネルを屋根に設置することで断熱効果もあり、エアコンの電気代が節約できる場合があります。

火力発電や原子力発電は燃料を必要としますが、太陽光発電は燃料はいらず太陽が照っていれば発電します。そのため排気ガスや二酸化炭素などの地球温暖化の原因といわれる有害物質を排出せず、環境に優しく安全でクリーンなエネルギーとして注目されています。

太陽光発電のデメリットは?

太陽光発電は太陽光があれば発電しますが、夜間や曇った日など日照不足では発電ができません。家庭内で使用する電気が賄えない時は不足分は電力会社から購入することになります。電力を安定して供給するという点では弱い面があります。また、設置するための費用やメンテナンスにかかる費用も発生します。

太陽光発電は環境に優しいエネルギーですが、コストや天候に左右されるなどのデメリットもあります。太陽光発電システムを検討している方は、メリットとデメリットを理解して導入を検討することをおすすめします。

太陽光発電の価格は、定期的に大きく移り変わることがあり、信頼のおける電力会社の担当者と常に打ち合わせをすることが有効です。