白色申告の特徴と書類の用意の仕方について

白色申告でも帳簿付けが必要に

白色申告で確定申告を行うにあたり、事前に申請書を提出するような特別な手続き等は、一切必要ありません。起業したばかりの方や、サラリーマン以外に副業をしていて、一定以上の所得がある方等の、時間がなくて大変な方や、本業に集中したい方に向いています。確定申告書以外に収支内訳書が必要となりますが、青色申告に比べて、提出書類や記載が必要な所も少ないです。しかし、従来は帳簿を付けたり、帳簿に関する書類を保存したりする義務はなかったのですが、法律が改正されました。平成26年の1月から白色申告の人も帳簿付けや書類の保存が必要となったのです。青色申告のように複式簿記で記帳せずに、簡易的な記帳で構いませんので、日頃から面倒がらずに記帳するようにするといいでしょう。

白色申告の帳簿記入の仕方と工夫

白色申告の場合の記帳の仕方については、売上等の収入、仕入とかかった経費について、日付と相手先の会社や名称、金額を帳簿に記載します。家計簿のような簡略化された帳簿でも十分ですし、ノートに簡単な表を作ってまとめてもいいでしょう。1つずつの仕訳の内容を記載する必要はなく、日付ごとに金額を合算してまとめて記載する方法でも構いません。相手先の社名や店名が入っている領収証やレシートは、紙にのり付けして、ファイルに綴じて保存するといいでしょう。パソコンの取り扱いに慣れている方であれば、表計算ソフトに表を作り、簡単な計算式を入れてまとめてもいいですし、将来的に青色申告に移行する予定がある場合は、帳簿の引き継ぎをスムーズに行うため、白色申告用の会計ソフトを利用するのもおすすめです。

白色申告は一定水準の記帳義務を負わず、青色申告に比べて事務負担が軽いです。しかし青色申告よりも税額は大きいです。