こんなにある!青色申告が白色申告と違っている点

青色申告特別控除というものが使えるのが大きい

白色申告から青色申告に切り替えると、控除枠が大きくなるというメリットが得られます。青色申告特別控除というものが使えて、その結果所得税の額を減らすことができるのです。この控除は65万円分と、非常に大きくなっているのが特徴的です。お金が節約できるという意味でも、青色申告をする意義はあるということですね。個人事業主には65万円の控除は大きいのではないでしょうか。

赤字を繰り越せるようになるのが大きい

白色申告では、基本的には赤字は繰り越すことができません。しかし、青色申告なら赤字を繰り越すことができ、納税が楽になる可能性があります。翌年度売り上げが高くなっても、赤字を繰り越しておけば税金の額はかなり抑えられるはずです。メリットが豊富なので、多少面倒でも愛悪露申告をしておくのがいいでしょう。

申請をしないと利用ができないもの

白色申告は、特別な事前申請なしにすぐに使うことができます。また、誰でも使うことができるものです。しかし、青色申告はそうではありません。これを使おうと思うと、まずは申請をしなければならないのです。この年度は青色申告で行きますと申請をしておかなければ、使うことができません。この点も大きく違う点でしょう。

複式簿記で記帳をする必要がある

青色申告は、複式簿記で記帳をする必要があります。そのため、簿記の知識がないとまともに記帳ができないかもしれません。税理士の先生に仕事をお願いすると、間違うことなく記帳を済ませてくれるので楽です。また、会計ソフトを使って書類作成をするのもいいでしょう。ほとんどのソフトが、青色申告には対応しています。

青色申告は確定申告の方法の一種です。申告書作成の手間は白色申告よりかかりますが、65万円の特別控除が受けられたり、純損失の繰り越しができるといったメリットがあり、節税効果が高くなります。